日本ワインレビュー

~嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ~ 高畠ワイナリー 「気軽にゴクゴク冷やして飲みたい」

刺激的な泡とカジュアルな香り・味わい!

参考価格:1800~1900円前後(750 ml)

栓のタイプ:コルク栓(手で開栓できるヤツ)

どうも、

ワイン兄さん(@wine23winey)です!

今回飲んだ日本ワインはこちら。

嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ

高畠ワイナリー嘉-yoshi-スパークリング シャルドネというワインです!

高畠ワイナリーさんは山形県の高畠町に所在する1990年創立のワイナリーです。

山形どころか日本全体で見てもかなり上位の評価を受けているワイナリーの1つで、規模とワインの品質のバランスが非常に良い印象があります。

実際に、日本のワイナリーを格付けする第2回日本ワイナリーアワード2019では、最高位の5つ星を受賞しています。(5つ星ワイナリーは全国で13ヶ所のみ)

価格帯としては、1000円台のカジュアルなものから5000円を超えるような高級なものまでラインナップされていますが、どれもクオリティは高く、間違いないワインを造っています。

嘉-yoshi-スパークリング シャルドネは高畠町産シャルドネ種を100%使用したスパークリングワインで、コンクール入賞歴が複数あることからも一定の評価をされていることが伺えます。

日本のスパークリングワインはまだまだ発展途上の最中ですが、その中でどのような香りと味わいを見せてくれるのでしょうか!

この記事は3~4分程度で全部読めるので、ぜひ参考になさって下さいませ~

それでは、Let’s go ~

ワインの評価

 

嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ

高畠ワイナリー

 

見た目   

香り    

味わい   

総合評価  

おすすめ度 

※評価は抜栓直後~1,2時間程度の間に飲んだ際のものです。個人の感想なのであしからず。

ワインの説明について

ラベルの裏面がこちら。

嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ

あまりワイン自体の情報がないので公式HPから引用してみると、

淡いレモンイエローの中に、繊細な気泡が持続的に立ち上がります。

柑橘系や白い花のような華やかな香り、豊かなうまみをともなう酸を感じられるすっきりとした味わいは、和洋中問わずさまざまな、お食事と合わせていただけるスパークリングワインです。

見た目について

グラスに注ぐとこんな感じ。

嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ

薄めのレモンイエロー。クリアで綺麗な色合い。泡立ちはやや強めかな。

香りについて

  1. 柑橘系の爽やかでフレッシュな香り
  2. 白桃や洋梨の甘い香り
  3. レモングラスのような香り

こんな感じ。

軽く掘り下げてみます。

柑橘系の爽やかでフレッシュな香り

グレープフルーツやオレンジのようなフルーツの香り。とてもフレッシュな印象です。

白桃や洋梨の甘い香り

甘い果実の香りで、白桃や洋梨を思い浮かべました。

そこまで熟した印象ではなくどちらかというと少し若い感じかな。

レモングラスのような香り

ハーブっぽい清涼感とレモンが合わさったような香りを感じました。

・・・・・・

他に白い花のような香りもあって、全体的に「若いフレッシュなシャルドネ」という印象でした。

とても分かりやすくシンプルな香りかと思います。

味わいについて

  1. 舌にビシビシくる強炭酸
  2. ドライかつスルスルと飲める酸
  3. やや残るアルコール感とほんのり苦味

といったところ。

こちらも軽く掘り下げます。

舌にビシビシくる強炭酸

炭酸ガスの吹き込みで仕上げるパターンのスパークリングワインはよく言われる泡の荒さ。

このスパークリングの製造方法も炭酸ガス吹き込み式。

やや泡が強いかなあと感じました。

暑い日によく冷やして気軽に飲むにはよいとも捉えられるかも。

ドライかつスルスルと飲める酸

糖を感じないドライさとゴクゴクいっちゃうような程よい酸。

スパークリングでない普通のワインだったら、ともすれば物足りない印象を受けそうな酸具合ですが、炭酸の刺激があるのでそこまで気にならなかったです。

やや残るアルコール感とほんのり苦味

アルコール感が若干強いと感じました。

また、レモンの皮の白い部分を想わせる苦味が少々ありました。

・・・・・・

「炭酸が強く、ドライでスッキリとしたスパークリングワイン」という感じ。

スパークリングワインとしての評価は難しいところですが、暑い日によく冷やしてスルスル楽しめるお酒としては適しているようなスタイルだと思いました。

フードペアリング

特に食事と合わせず作業中のドリンクとして飲んでいたらなくなっちゃったので、今回はお休みです。

まとめ

今回は高畠ワイナリー」の「嘉-yoshi-スパークリング シャルドネを紹介しました。

まず香り。

シャルドネ種のワインで一般的に感じられるようなフルーツの香りが感じられました。

そして味わい。

炭酸が強めなスッキリ泡という感じで、何も食べていなくても単体でゴクゴク飲めるなと思いました。

ビールやハイボールのように楽しむこともできると思いますし、僕ならそうするなぁというところでした。

スパークリングワインの製造方法として、コストを抑えたカジュアルなモノを造るためには「炭酸ガス吹き込み式」はとても重要な方法です。

一方で、炭酸が強かったり、シャンパンのような熟成といった要素とは距離があることも事実です。

そういった情報を軽~くでも知っておいて、飲むときのシチュエーションや楽しみ方に応じて選択できたら良いですよね。

ビールやハイボールのように楽しむスパークリングワイン、いかがですか?

おわりに

これからも美味しい日本ワインを紹介していきたいと思います!

引き続きよろしくお願いいたします!

byワイン兄さん

RELATED POST

POSTED COMMENT

  1. […] ~嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ~ 高畠ワイナリー 「気軽にゴクゴク冷やして飲みたい」「刺激的な泡とカジュアルな香り・味わい!」 参考価格:1800~1900円前後(750 ml) 栓の […]

  2. ~2019 嘉-yoshi-スパークリング ピノ・シャルドネ~ 高畠ワイナリー 「よく冷やして日本の夏を楽しむ」|ワイン兄さんのwineyブログ より:

    […] ~嘉-yoshi-スパークリング シャルドネ~ 高畠ワイナリー 「気軽にゴクゴク冷やして飲みたい」「刺激的な泡とカジュアルな香り・味わい!」 参考価格:1800~1900円前後(750 ml) 栓の […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください